クリアネイルショット

「クリアネイルショット 効果なし」の真相

更新日:

クリアネイルショットの開発会社とは?

クリアネイルショットの開発会社とは?
クリアネイルショットを開発・発売している北の達人コーポレーションは、カイテキオリゴという商品の爆発的ヒットにより規模を拡大した通信販売会社。まだ設立から15年しか経たない新興企業です。

ただ経営方針は厳格で、数多くの企画のうち、モニターテストで効果の出たものしか製品化しないというポリシーを持っています。2014年に東証一部上場企業となりました。

ご存知のように株式市場にも以下のような分類があります——

・東証一部
・東証二部
・ジャスダック

このうち「東証一部」は一流会社の証明のようなもの。経営状態のチェックが厳しく、利益を上げ続けなければ上場はされません。つまり北の達人コーポレーションは企業として健全な経営をしており、商品開発もいい加減な取り組みでは行っていないと言い切れるのです。

開発会社がちゃんとした一部上場企業であることも、クリアネイルショットに信頼性が寄せられる証拠となるでしょう。

クリアネイルショットを使う時のポイント

1.塗るのは1日1回

1日にクリアネイルショットを塗る回数は1回だけ。それで十分効果をあらわします。

塗る時間は入浴後がお勧めです。普段は硬い爪も、入浴後ならば柔らかくなっています。しっかりとタオルドライした後に塗布して下さい。

効果をもっと早く感じたければ、1日2回使うといいでしょう。入浴後に1回、朝起きて1回塗りましょう。

2.塗り方

クリアネイルショットを直接足の爪に垂らし、丁寧にすり込みます。

使う量ですが、親指の爪に関しては5ミリくらい、そのほかの爪は3ミリくらいにして下さい。

3.塗る範囲

見た目はきれいな爪でも白癬菌が広がっている場合があるので、安心はできません。

甘爪(爪の生え際の色の違う部分)、爪と皮膚の境目なども含め、爪全体に行き渡るように塗って下さい。

白癬菌が最も多く繁殖しているのは、爪と皮膚の境目の「爪床」といわれる部位です。爪と皮膚が作る溝の奥深くまでクリアネイルショットを塗り込みましょう。

4.足裏の水虫治療も行う

足裏に水虫の原因となる白癬菌が繁殖している場合、完治したはずの爪水虫がぶり返す可能性があります。

爪水虫と水虫の治療は同時に行うべきです。

市販されている水虫薬でも効果があります。最低でも3ヶ月、根気よくその薬を塗り続けて水虫を完治して下さい。

5.継続することが重要

最も大事なのは使い続けることです。

必ず効果が出て来ると信じて、毎日クリアネイルショットを塗り続けましょう。

2週間から1ヶ月くらいで少しずつ効き目が感じられるはずです。

そして、見た目での判断は禁物。もう完治したと思っても、しばらくは塗布を続けて下さい。

塗布を止めた後に再発したら、最初からやり直しです。

菌を完全に死滅させるまで、徹底的に使い続けましょう。

クリアネイルショットのより効果的な使い方

塗る時に意識すべきポイントは以下の3つです——

1.入浴後に足をタオルで丁寧に拭く
2.爪全体、爪の生え際、爪と皮膚の間のすべてに塗る
3.塗ったあとは乾き切るまで待つ

特に大事なのは1と2です。風呂上がりにタオルできちんと足の水分を拭き去り、乾燥した状態で丁寧に塗る事で、より効果が実感しやすくなります。そのあとは乾き終わるまで待ち、できるだけクリアネイルショットを爪の奥深くまで浸透させましょう。

クリアネイルショットの口コミはこちら

-クリアネイルショット

Copyright© 『本当に効いた!クリアネイルショットの口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.